白髪染めとヘアカラーの黒染めはどう違う?同じ黒でも染まり方に違いが!

白髪染め 黒染め白髪染めとヘアカラーの黒染めの違いはどこにあるのかと、疑問に思っておられる方も多いのではないでしょうか?特に、一度黒く染めてもすぐに色が抜けてしまうという方、白髪が上手く染まらないという方には深刻な悩みですよね。

そこで、今回は白髪染めと黒染めとの違いを詳しく解説していくので、正しく使い分けてきれいな髪色を維持できるような内容をお話していきますね。

白髪染めとヘアカラーの黒染めの違い

白髪染めは白髪と黒髪を同じトーンで染めるものなので、染毛力(せんもうりょく;髪を染める力)がヘアカラーの黒染めよりも強いです。基本的に白髪染めとヘアカラーの黒染めが髪を染めるメカニズムは同じで、それぞれ、脱色(ブリーチ)しながら髪に色を入れていく(染毛)という方法で髪を染めていきます。その際に、白髪染めは白髪の毛をしっかり染めるように染毛力が高く薬剤が調整されているので、白髪に色が入りやすいのが特徴です。

一方のヘアカラーの黒染めは、黒髪に使うことを前提としているので、脱色(ブリーチ)する力が強く薬剤が調整されています。これは、黒髪の場合、一度全体の色を抜かないと色が入りにくいためです。

白髪染めで黒く染める仕組み

髪の表面をおおっているキューティクルを開き、中に色素を入れていきますが、その際に、白髪でない部分が上手く染まるようにブラウンの色素を多めに入れてあります。髪の毛の1番外側をおおっている部分をキューティクルといい、キューティクルが閉じている状態では内部に色素が入らないので、一度、開く必要があるのです。

そこで、まず、1剤に含まれている「アルカリ剤」がキューティクルを開き、それから、色素が発色する元となる「酸化染料」と2剤の「酸化剤」が内部に入り、時間が経つと化学反応によって発色します。1剤と2剤は混ぜて使いますが、入っている成分がそれぞれの役割を段階的に果たすことで、白髪が染まっているんです。

また、白髪染めは白い毛(白髪)と黒い毛が同じ色に染まるように色のバランスが調整されているのも大きな特徴となります。白髪染めには、黒と白の中間色であるブラウン(茶色)が多く配合されており、全体の色が均一になるようになっているんです。

市販のヘアカラーで黒く染める仕組み

髪を脱色しながら、黒い色素を入れていくことで髪が黒く染まっていきます。市販のヘアカラーの黒染めは、髪が元々黒いことを想定しているため、白髪染めのように白髪と黒い部分を均等に染めるためのブラウンを入れる必要はないのです。

ですから、シンプルにキューティクルを開いて色素の元を入れていき、時間が経つことで化学反応によって黒く発色していきます。そのため、脱色(ブリーチ)する力が強いというのが、ヘアカラーの黒染めの特徴です。

また、白髪染めは白と黒を均等にするため染毛力が高いですが、ヘアカラーの黒染めは黒一色の髪を脱色しつつ染めることを想定して作られているので、白髪染めに比べて染毛力が低いことを覚えておきましょう。ヘアカラーでは白髪は染まりにくいので、白髪を染める場合には白髪染めを使って下さい。

【白髪染めの特徴】

  • 染毛力が高い
  • ブラウンの色素が多い

【ヘアカラーの黒染めの特徴】

  • 脱色力が高い

白髪を染めるなら白髪染め一択で!

ヘアカラーの黒染めでは白髪と黒髪を同じ色に染めることはできないため、白髪を染める際には白髪染めを使いましょう。ヘアカラーの黒染めも白髪染めも髪を染める方法は同じですが、色素の配合量と染める力が違うため、白髪の染まり方が変わってくるんです。

特に自分で染める場合には、黒髪だけなら元の色があるため多少ムラがあっても目立ちにくいですが、白髪は色の入り方が浅いと色が浮いてキラキラした感じになり、かなり目立ちます。ですから、白髪がある場合にはヘアカラーの黒染めではなく、しっかりと色が入る白髪染めを使いましょう。

ただ、白髪染めにも明るめの色、暗めの色とカラーのバリエーションがあって迷うという方もいると思います。明るめの色の方が白髪は目立ちにくいですが、色が明るいほど脱色(ブリーチ)が強いので、髪へのダメージも大きくなるというのも、白髪染めの特徴です。

明るい色に仕上げるためには、まだ(白髪になっていない)黒い髪の色を抜かないといけないので、髪へ負担がかかります。個人の好みもありますが、まだそれほど白髪が多くない方や、髪が痛みやすい方は、暗めの色を選択すると失敗が少なくて済むでしょう。

【白髪染めの用途】

  • 白髪、黒髪を均一に染める

【ヘアカラーの黒染めの用途】

  • 黒髪を染める

白髪染めをした髪を明るくするのは至難の業!

白髪染めは一度髪のキューティクルを開いて内部に色素を入れるので、後から他の色にするには今入っている色を抜く必要があり、非常に難易度が高くなります。白髪染めをすると髪の内側に色が入ってしまうので、髪色を変えるのは非常に困難です。

そして、内側に入った色を抜くには、一度脱色(ブリーチ)をしなければいけないので、髪にはかなりのダメージがかかります。そのため、白髪染めをする際には、よく考えてカラーのトーンを選びましょう。

白髪染めで暗くした髪色はなかなか明るく染めることができない

暗い色ほど色素が髪の内部に多く入っているため、明るく染め直すには髪へのダメージと、時間が必要となります。白髪を暗めの色に染めるためには高い染毛力(髪を染める力)が必要なので、白髪染めで暗めに染めた髪には、黒い色素が多めに入っているんです。

髪を明るく染めるためには、一度入っている色素を抜いて染め直す必要があるので、脱色剤で色を抜いてから色を入れていくのですが、キレイに脱色するのは非常に難しく、髪にもダメージが大きくなります。美容室でプロの美容師さんにやってもらう際にも、一度で思った通りの色に染め直すのは難しく、何度かに分けて脱色して徐々に明るくしていくのが現実的です。

白髪染めで髪の内部に入った色素を一度で抜くには、強い脱色剤が必要になるため、たとえ色がキレイに抜けてもその分髪が傷んでしまいます。そこで、美容室では何度かに分けて、色を抜いていくことが多いのですが、脱色剤は元々頭皮や髪に刺激が強く、一週間以上期間を空けて行う必要があるため、時間もかかってしまうんです。

ですから、白髪染めで暗い色に一度染めてしまうと、明るく染めるのには髪へのダメージと長い時間が必要になるので、白髪染めをする際には慎重に色を選びましょう。そして、白髪染めを自分でする際には、説明書通りにおこなうことも大切です。パッケージに表示されているカラーに仕上げるためには、薬剤の量と放置する時間を正しくおこなう必要があります。

少し難しい話になりますが、白髪染め(黒染めも)は単純に色素を髪に入れるわけではなく、色素の元となる薬液を髪の内部に入れて、化学反応によって発色していくという仕組みです。そのため、薬液が少ないと化学反応が弱くなり、色が変わってしまいますし、放置する時間によっても変化していきます。

パッケージ通りのカラーに仕上げるために、説明書通りに白髪染めを使ってください。白髪染めも一度失敗すると、染め直すのが大変ですから慎重におこなって自分好みの髪色で大人のおしゃれを楽しみましょう。

【白髪染めをしてから明るく染め直す時のデメリット】

  • 髪が痛む
  • 時間がかかる
  • 好みの色が入りにくい

【白髪染めを失敗しないコツ】

  • 薬剤の量を守る
  • 放置する時間は性格に

 

関連記事

NO IMAGE

毛根のしっかりした髪に育てるためには…。

白髪染め かぶれ

白髪染めでかぶれたら即中止を!頭皮が弱い人でも使える白髪染め

白髪 染まらない

白髪がなかなか染まらない!その悩み正しい染め方で解決できます!

NO IMAGE

「ミノキシジルというのはどのようなエキスで…。

NO IMAGE

プロペシアは抜け毛を予防するのはもとより…。

NO IMAGE

頭皮エリアの血行は発毛に大いに影響を及ぼしますので…。