白髪染めでかぶれたら即中止を!頭皮が弱い人でも使える白髪染め

白髪染め かぶれ白髪染めを使っていて頭皮がかぶれたことはありませんか?かぶれは立派な頭皮のトラブル。かといって白髪染めを止めるわけにはいかないのでかぶれが治り次第再び染めることになりますよね。しかし、また頭皮がかぶれてしまっては意味がありません。

結論から言えば、白髪染めに含まれている成分によってかぶれが起きている状態である為、そのまま白髪染めを使うのは頭皮環境を悪化させるだけなので、使用するのはNGです。白髪染めを使用するなら、かぶれやかゆみの原因である成分が含まれていない種類の白髪染めを使うと良いでしょう。

では、何故かぶれが出てくるのか、それならどんな白髪染めを使えばいいのかをお話していきますね。

白髪染めでかぶれ・かゆみが出たら即中止!

もしも白髪染めを使っている時にかぶれやかゆみが出てしまったら、その場合は直ちに白髪染めの使用を中止しましょう。何故ならかぶれやかゆみは立派な頭皮のトラブルであり、アレルギー反応の一つだからです。

かぶれやかゆみが治まり次第白髪染めを使う人もいるかもしれませんが、それは大きな間違いです。アレルギー反応ということで白髪染めを使い続けることにより、症状が重く出る恐れもあるので使い続けるのは頭皮の為にも良くありません。では、何故かぶれやかゆみが出てしまうのでしょうか。

かぶれやかゆみが出る原因と対処法

かぶれやかゆみが出てくる原因として挙げられるのが、

  • 白髪染めに含まれている成分
  • アレルギー

特に白髪染めに含まれている成分には十分に注意しましょう。市販で売られている白髪染めのほとんどにジアミン系という成分が含まれており、そのジアミン系によって頭皮がかぶれてしまう可能性があります。

もちろんジアミン系が含まれている白髪染めを使用し続けることで、かぶれだけでなく湿疹が出たり顔が腫れてしまったりと多くの症状に悩むことになりかねません。ジアミン系による症状はアレルギーによるものなので、事前にパッチテストを受けておく必要性があります。

しかし、パッチテストでは問題なくてもある日突然発症することもあるので、出来ればジアミン系が含まれている白髪染めは使わないようにしましょう。厄介なことに美容院で使われる白髪染めにもジアミン系が含まれている可能性がある為、十分な注意が必要です。もしもかぶれやかゆみが出てしまった場合、

  • 白髪染めの使用を止める
  • 体質改善を行う

といった対処法を行うと良いでしょう。特に大事なのは頭皮やかぶれが出た時点で使用を止めることです。少しでも頭皮の状態がおかしいと感じたら、それは何らかの症状が出ている可能性があります。

例えかなりの量が余っていたとしても、捨てることが大切です。かぶれやかゆみが出ただけなら使用を止めれば本格的な症状に発展しないで済む為、もったいないからといって使い切ろうとするのは止めましょう。

また、かゆみやかぶれは成分に対するアレルギーに弱い可能性もあります。その場合は体質改善を行うことにより、アレルギー症状を緩和させることが出来ます。アレルギーは一生治らないというわけではないので、運動や規則正しい生活習慣や食生活を心がけることが大切です。

 

正しいパッチテストは、白髪染めをする前に必ずパッチテストを!しない場合に起こる大惨事に詳しく書かれているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

頭皮がかぶれた人でも使える白髪染めの種類

かぶれやかゆみといった症状を引き起こさない為にも、そういった症状を引き起こす成分が含まれている白髪染めを使用しないのが一番です。しかし、それでは白髪が目立った状態のままですよね。そこでおすすめ出来るのが頭皮や髪に優しい白髪染めです。

  • ヘアマニキュア
  • ヘナ
  • ヘアカラートリートメント
  • シャンプー

など化学成分ではなく、天然素材が含まれている白髪染めを使用することで頭皮が弱い人でも安心して白髪を染めることができます。

基本的に頭皮や髪に優しいタイプの白髪染めは一気に染めることは難しいですが、逆に化学成分によって1回で染まるようなタイプは怪しいと思った方が良いかもしれません。徐々に染まった方が不自然な仕上がりになりにくく、染めたと気づかないほどに染まるものです。

ヘアマニキュア

ヘアマニキュアにはジアミン系などの化学成分が含まれていないものがある為、それを使用することで安心して白髪が染められます。頭皮が弱くても使用出来る他に髪へのダメージもなく、ハリやコシも出るなど様々なメリットがあります。

ヘナ

ヘナには100%天然素材が使われている為、アレルギー症状が出る心配もありません。さらに頭皮や髪が弱くても染められるので非常に便利です。染まるのに時間がかかったり臭いがありますが、傷んだ髪を補修する効果もある為、使い勝手が良いでしょう。

ヘアカラートリートメント・シャンプー

こちらもヘナと同様に化学成分を一切含んでおらず、頭皮や髪を傷めることなく髪を染めることが可能です。最大のメリットは普段のシャンプーやトリートメントの代わりに使用出来るということであり、白髪染めを行う際の下準備が必要ないことです。

一気に染めることは出来ませんが、毎日使うことで徐々に染まっていくので頭皮へのダメージを心配することなく染められます。こちらにも髪を補修する効果がある為、白髪を染めると同時に美髪にも出来るなど多くのメリットがあるので、頭皮が弱い人はこちらを選ぶと良いでしょう。

関連記事

NO IMAGE

頭皮エリアの血行は発毛に大いに影響を及ぼしますので…。

白髪 染まらない

白髪がなかなか染まらない!その悩み正しい染め方で解決できます!

NO IMAGE

「ミノキシジルというのはどのようなエキスで…。

NO IMAGE

毛根のしっかりした髪に育てるためには…。

白髪染め 黒染め

白髪染めとヘアカラーの黒染めはどう違う?同じ黒でも染まり方に違いが!

NO IMAGE

プロペシアは抜け毛を予防するのはもとより…。