白髪を染める頻度はどのくらい?少しでも白髪が見えたら不安なあなたに

白髪 染める頻度

白髪って、少しでも伸びてきたら気になりますよね。ほんのちょっと、根元が白くなっただけでも目立っているようで気になって気になって、ついつい染めてしまう…そんな経験ありませんか?

しかし、毛染めは頻繁におこなうと髪が傷みそうだし、髪が傷むと、さらに白髪が増えてしまいそうで嫌。そんなふうに感じている人も多いと思います。実際に白髪染めをする頻度はどのくらいが良いのでしょうか?

白髪を染める頻度は月に一回くらいが一番多い

どれくらいのペースで染めるのがいいのかの前に、ほかの人がどれくらいの頻度で染めているのか、気になりませんか?もちろん、髪が伸びる速度にも個人差がありますから一概には言えませんが、だいたい一ヶ月ごとに染める人が多いようです。このあたりで、どうしても気になり始める人が一番多いということなのかもしれませんね。

髪が伸びて根本の白髪が目立つのが3週間~1ヶ月位

髪は、毎日0.3~0.4ミリずつ伸びると言われています。ですから、だいたい白髪染めをしてから2週間ほど、髪の毛の伸びるスピードが速い人なら1週間ほどで根元が気になってくるのではないでしょうか。

しかし、この時点では、まだ気になるのは自分だけという場合がほとんど。だいたいその倍の長さ、白髪が1センチほどになる3週間~一ヶ月あたりが目立ち始める時期だといえそうです。だからこそ、このあたりを目安に染め直す人が多いのかもしれませんね。

染める頻度はできるだけ空けた方が良い

根元が目立つようになってきたら染めたい、それは当然の心理ですよね。では、一ヶ月に一度というペースは、髪や頭皮へのダメージから考えて、どうなのでしょうか。妥当なペースでしょうか。

白髪染めは、言うまでもなく薬品です。それも、酸化染料という染料がもちいられていて、酸化という化学反応を起こさせた薬液を頭皮や髪に塗るわけですから、髪の健康だけを考えるのなら使わないに越したことはありません。

しかし、染めないというわけにもいきませんから、なるべくなら髪が傷まないペース、前回の白髪染めのダメージが残っているうちにまた白髪染めを繰り返してしまうようなことだけは避けたいですよね。

それを考えるのなら、だいたい2ヶ月に一度というペースが最適。このくらいあければ前回のダメージも回復していますし、見た目にもまだ白髪染めをサボっているという印象は与えません。

どうしても染めなければいけない場合は美容院へ

前回の白髪染めから2ヶ月を待たずに染め直したい場合は、美容院へ行くようにしましょう。美容院なら、頭皮や髪のダメージをチェックしながら染めてくれます。逆に言えば、ダメージチェックができないセルフ染めでは、必ず2ヶ月はあけたいものです。また、前回の白髪染めから1ヶ月以内の染め直しは、たとえ美容室であろうとおすすめしません。

頭皮や髪にダメージの少ない白髪染めの種類

前述のとおり、髪や頭皮へのダメージを考えた場合、白髪染めの頻度は少なくとも2ヶ月はあけたほうがいいようです。しかし、いくら髪や頭皮の健康のためといわれても、それでは伸びてきた根元が気になって仕方がないですよね。とくに、一週間あたりで気になるような、髪の毛の伸びが早い人はなおさらではないでしょうか。

そんな場合は、ぜひ、白髪染めの種類を見直してみてください。内部までしっかりと浸透して髪を染める白髪染めが一番もちがいいのですが、だからこそ髪や頭皮へのダメージが大きいのです。髪や頭皮へのダメージが少ないものを使えば、もっと短いサイクルでも気にせず使って大丈夫ですよ。

ヘアマニキュア

ヘアマニキュアは、髪の表面に色をつける白髪染めです。通常の白髪染めは髪のキューティクルを開かせ、内部に浸透し、残った色素を脱色した後に染毛という工程を経るのですが、ヘアマニキュアには脱色作用はありません。色をつけるだけです。また、二度、三度と重ねて色を塗ることも可能で、当然重ねれば重ねるほど色鮮やかに仕上がります。

メリット

ヘアマニキュアのメリットは、なんといっても髪や頭皮へのダメージが少ないこと。
それに加えて、通常の白髪染めと比べて髪色が鮮やかですし、髪に艶やコシが出ます。また、白髪染めではかぶれるなど、アレルギーのある人でも使うことができます。

デメリット

ヘアマニキュアは、シャンプーするたびに色落ちしていきます。ですから、色がもつのはだいたい2週間~3週間くらい。雨にも注意が必要です。また、塗ってからしっかり髪に定着するまで三日ほど。その間は、衣服やタオルに色移りする場合があります。

白髪染めシャンプー

白髪染めシャンプーは、染料が配合されたシャンプーです。そのため、毎日シャンプーするだけで白髪が染まっていくというとても手軽なもの。染料が入っていると聞くと、手や肌も染まってしまうのではないかと心配する人もいるかもしれませんが、大丈夫。シャンプーは毎日使うものですから、使われている染料もごくわずか。毎日のケアとして使えるように考えられた商品なのです。

メリット

シャンプーですから、髪へのダメージはほぼゼロ。毎日使うことができます。また、毎日使うわけですから、白髪染めのように前日と今日で髪の色が違う、ということにもなりません。白髪が伸びるたびに染まっていってくれますから、自分でも白髪の存在を忘れられるようになるかもしれませんよ。

デメリット

毎日使うことが前提の商品なので、一回に使用する染料はとても少ないです。
そのため、効果が出るまで時間がかかり、はじめのうちは、「これはまったく色がつかない」と感じるかもしれません。遅い人だと効果が実感できるまで数週間ほどかかるので、根気良く続けることが大切です。

白髪染めヘアカラートリートメント

ヘアカラートリートメントとは、その名のとおり、トリートメントの中に染料が配合されている商品です。使用頻度は数日おきとシャンプーよりは低めで大丈夫。ヘアカラーとはいえトリートメントですから、もちろん通常の商品と同じように髪を補修したり、頭皮の環境を整えたりという効果もありますよ。誤って皮膚についてしまったとしても簡単に洗い流すことができ、染まることはありません。

メリット

髪や頭皮にダメージを与えないどころかケアをしてくれるので、髪にハリやツヤ、コシが出てきます。また、白髪の原因が頭皮環境などにあった場合、その部分が改善されることで元の黒髪にもどるケースもまれにあるようです。

デメリット

髪になじむまでしばらくをおく必要があるため、シャンプーのような手軽さはありません。また、より効果を上げるためにはシャンプーもアミノ酸のものに替える必要があるなど、ある程度の手間がかかります。

伸びてきた部分だけをケアするのならヘアマスカラ

ヘアマニキュアと同様の仕組みで、とても細いブラシのついたヘアマスカラという商品もあります。これは、白髪が伸びてきた根元だけをケアすることのできる便利なもの。外出前に白髪が気になったときなど、ヘアマスカラを使うのもいいかもしれませんね。メリット、デメリットはヘアマニキュアと同じです。

白髪が伸びてきたから染め直さないと…そう感じるのは当然ですよね。しかし、上で述べたとおり、白髪をケアする方法は白髪染め以外にもいろいろあるのです。それぞれメリット、デメリットはありますが、それは通常使っている白髪染めも同じこと。
それぞれの特徴を比べて、一番自分に合っているものを選びたいものです。もしかしたら、白髪のケアが劇的に楽になるかもしれませんよ。

関連記事

白髪 染まらない

白髪がなかなか染まらない!その悩み正しい染め方で解決できます!

白髪染め かぶれ

白髪染めでかぶれたら即中止を!頭皮が弱い人でも使える白髪染め

NO IMAGE

プロペシアは抜け毛を予防するのはもとより…。

白髪染め 黒染め

白髪染めとヘアカラーの黒染めはどう違う?同じ黒でも染まり方に違いが!

NO IMAGE

頭皮エリアの血行は発毛に大いに影響を及ぼしますので…。

NO IMAGE

「ミノキシジルというのはどのようなエキスで…。